2017年2月

応募方法

応募規定
日本国内の大学生、短大生、専門学校生の方が製作した作品であること。
(現在卒業していても在学中に製作した作品であればご応募いただけます。)
出品者の国籍は問いません。(ただし日本語で審査いたします。)
一人または一団体で、何作品でもご応募いただけます。
ジャンル(ドラマ、コメディ、アニメ、CG、ドキュメンタリーなど)は問いません。
作品は、応募先であるJCF学生映画祭事務局まで応募用紙を添えて、お送りください。
作品の尺
作品時間に制限はありません。
応募用紙
応募用紙に記入・捺印の上、作品と一緒にお送り下さい。(1作品につき1枚)

応募用紙 ダウンロードpdf

応募に関する注意
使用機種・使用ソフトは問いません。2D・3D・手書きCGでも可。
静止画だけのご応募はできません。
応募作品は返却致しませんのでご了承ください。
作品の応募に関する費用は、全て応募者のご負担とさせて頂きます。
作品等の転送途中での不慮の紛失や損害については、当映画祭では責任を負いかねますのでご了承下さい。
応募に際して同封するもの
〈1〉応募用紙(1作品につき1枚)
  〈2〉応募作品
※フィルム・ビデオ作品共、プレビュー用に、必ず以下のいずれかのフォーマットにコピーしてご応募ください。
(1)VHS(NTSC) (2)miniDV (3)DVD(リージョンコードフリー)
以上を同封して、応募先まで郵送ください。
著作権について
作品は著作権が作者にあるものに限ります。
原作があるものや、作品に使用する音楽、画像、写真、文書等あらゆる著作物については、著作権者からの使用許諾を受けたものに限ります。著作権に関する手続き等は応募者の責任において処理して下さい。第三者からの権利侵害、損害賠償等について訴えがあった場合、当映画祭では一切の責任を負いません。また、第三者の著作物を使用した場合は応募用紙に明記してください。尚、使用許諾を受けたものについては、その使用許諾書のコピーを添付の上ご応募下さい。
音楽の使用許可については第1次審査の結果発表後で構いませんが、応募者の責任においてJASRACで録音使用許可をおとり下さい。(参考:日本著作権協会(JASRAC)) 入選作品は、本映画祭youtube等でWEBにて記載される可能性があります。著作権処理がされていない作品が入選した場合、本映画祭で上映できないことがあります。問題が発生した場合、本映画祭は一切の責任を負いかねます。
応募作品の著作権は作者に帰属します。ただし、当映画祭に関係する印刷物、広報活動、その他への作品の使用、一部転用については、作者に確認の上使用する事ができるものとします。
募集期間
2018年1月30日
応募先
東京都港区南青山2丁目22-14 フォンテ青山9階

JCF学生映画祭運営事務局
TEL.03‐5572‐6234
JCF学生映画祭実行委員会(以下、本実行委員会)は、JCF学生映画祭(以下、本映画祭)を実施するにあたり、応募作品の著作権について疑義が生じないよう、次のとおり応募約款を定めます。応募の際には、必ずお読みの上、応募用紙に署名捺印をお願いします。 尚、署名捺印の無い場合、作品は審査対象外となります。

応募約款はこちら