2017年2月

過去のスカラシップ

<過去の実績>(JCF学生映画祭)

仲井 陽
第3回JCF学生映画祭へ「鵺譚(ぬえたん)」を出品。
グランプリを授賞し2002年の「JCFスカラシップ作品」として、オキナワコンテンツラボにて沖縄県協力のもと沖縄出身俳優、スタッフ等プロを起用した短編映画「364days」を制作。
その後、オキナワ・ショート・ショート・フィルムフェスティバルの開会式にて上映された。
またこの実績により学生の課外活動において優れた成果を挙げた者に贈られる2001年度「早稲田文化賞」を授賞。
渡辺 崇
第3回JCF学生映画祭へ「魚の脳みそ」を出品。
第3位を授賞し2002年の「JCFスカラシップ作品」として原孝プロデューサーのもとドキュメンタリー映画「ウチをせかさんといて-ある不登校少女の記録」を制作。
1年以上に及ぶ期間をかけて作品を完成させ、やまがた2003ドキュメンタリー映画フェスティバルにて上映された。
月川 翔
第5回JCF学生映画祭へ「パラノイア」を出品。グランプリを授賞し2004年の「JCFスカラシップ作品」として「函館港イルミナシオン映画祭」の第7回シナリオ大賞受賞作である「ノーパンツ・ガールズ」(作. 森田剛行氏)を映画化する。昨年11月に劇場公開され本年3月22日にDVD化された。
他にも「呼吸」「エクリプス」「僕は存在していた」などを制作。
東京芸術大学の大学院に進学し北野武監督等に師事。
2010年フランスのルイヴィトンの短編映画賞「ルイ・ヴィトン・ジャーニーズ・アワード」でグランプリ受賞
齋藤 弘明
第10回JCF学生映画祭映画部門へ「HOLD UP」を出品。
グランプリを授賞し2011年の「JCFスカラシップ作品」として、鳥取J2チーム ガイナーレ鳥取の選手をを起用し、ガイナーレソーラーのCMを制作。
井上 有希
第10回JCF学生映画祭アニメ部門へ「街を背負う男」を出品。
グランプリを授賞し2011年の「JCFスカラシップ作品」として、鳥取砂丘をモチーフにした「さきゅうくん」を主人公とした鳥取県の公式観光CMを制作。
2012年1月〜3月放送、関西エリアのサンテレビ番組「MissCam.TV」のオープニング映像を制作。

【スカラシップ作品はこちら】

長尾 淳史
立命館大学映像学部在学中。第14回JCF学生映画祭短編部門へ「マインドギア」を出品。
準グランプリを授賞し2011年の「JCFスカラシップ作品」として、アマミノクロウサギ保護を促進するムービーを制作中。