実行委員兼審査員

映画プロデューサー
高秀蘭
台湾テレビのプロデューサーとしてキャリアを積み、1986年ニューウエーブを設立。以降、中国語圏の優れた監督の製作・配給に関わってきた。カンヌ映画祭グランプリを受賞した台湾の侯孝賢(ホウ・シャオ・シェン)監督の「非常都市」(1988年)、「戯夢人生」(1991年)のプロデュースを始め、中国の張芸謀(チャン・イーモウ)監督の「紅夢」(1991年)、「活着」「上海ルージュ」(1995年)、「何平」(ハー・ピン)監督の「哀愁花火」のポストプロダクションを努めた。陣凱歌(チェン・カイコー)監督とは「さらば、わが愛/覇王別姫」(1993年/カンヌ映画祭パルムドール受賞)、「花の影」(1996年)「始皇帝暗殺」(1998年)、「鳳凰わが愛」(2008年)、「新宿インシデント」(2009年)、「エヴェレスト 神々の山嶺」(2016)、「空海ーKU-KAIー美しき大妃の謎」(2018)、「キングダム」(2019)のプロデュースを手掛ける。
映画プロデューサー
大和田 廣樹
大学卒業後、メディア関連のコンサルタント業務を経て、96年に株式会社インターネット総合研究所(IRI)の設立に参画。同社は、99年に東京証券取引所マザーズ市場の第1号として上場する。02年、IRIのデータセンター小会社の株式会社ブロードバンドタワー(BBT)の社長に就任。03年ブロードバンドユーザー向けのドラマを製作するネットシネマ事業を開始し、「D-5 Project」として林海象監督と「探偵事務所5」シリーズを共同プロデュースする。また、映画プロデューサーとしても『もんしぇん』(06)、『松ヶ根乱射事件』(06)、『ドルフィンブルーフジ、もういちど宙へ』(07)、『寄子』(08)、『ぐるりのこと。』(08)、『ニセ札』(09)、『THECODE/暗号』(09)日台合作映画『南風』(14)、『ディストラクション・ベイビーズ』(16)などを手掛けている。『癒しのこころみ〜自分を好きになる方法〜』は、本年(20年7月)公開予定である。
年末には、初の長編小説『氷彗星のカルテッド』が幻冬舎から発売予定である。
JCF学生映画祭ファウンダー
太田 雅人
1965年大阪生まれ。大阪府立大手前高校卒。関西学院大学経済学部卒。(株)GETTI代表取締役。1986年、大学在学中に企画やマーケティングの学生ビジネス集団を設立し、大学卒業後にNECを経て1992年に後輩達と株式会社ゲッティとして法人化。以降、大手企業クライアントや自治体のブランディングや活性化支援を行う傍らメディア開発、事業開発、事業投資を行う事業会社を設立。創業30周年を機に2016年医療事業に参入し、東京大学医学部附属病院とのiPS細胞の共同研究を行う、(株)神戸医療特区内One Medicine,One Healthセンターを設立。現在理事長。現在はブランディング事業、マーケティング事業、建築デザイン事業、アパレル事業、動物病院運営事業、iPS細胞の研究のメディカル事業の6つの事業領域を行うGETTIグループの代表。

(敬称略)

審査員

映画監督・脚本家 京都造形大学芸術学部映画学科教授
林 海象
1986年にモノクロサイレント映画という異色の作品「夢見るように眠りたい」でデビュー 「私立探偵 濱マイク」シリーズ
映画監督
松井 久子
「ユキエ」「折り梅」で延べ200万人の観客動員を果たし、2010年彫刻家イサム・ノグチの母を描いた「レオニー」、2016年「不思議なクニの憲法」
映画プロデューサー
益田 祐美子
2003年日本イラン合作映画「風の絨毯」製作から16年で11本の映画を製作。2009年「築城せよ」2014年「瀬戸内海賊物語」2019年「ソローキンの見た桜」等多数。著書「3億五千万円を集めた主婦は、世界をつなぐ映画プロデューサー」等
脚本家、大阪芸術大学・短期大学客員教授
大津 一瑯
 Vシネマ「新・第三の極道」、テレビ「柳生一族の陰謀」「必殺仕事人」等 

(敬称略)

事務局

事務局長
福永 信也
1962年7月 香川県高松市生まれ
(株)富士重工業を経て、(株)穴吹工務店に入社。新規事業開発を担当。
2007年10月建築・不動産コンサルタントとして独立後、2010年映像サポート事業に参入。京都府けいはんなシティー行政区映像制作空撮、さぬき市市政10周年記念映像制作、2011「人生いろどり」2012「百年の時計」制作サポート、2013「うどん県時間旅行物語」制作サポート、2016沖縄国際映画祭JIMOTO CM二作品、2017港区浜松町カーサー瀬戸内小豆島景観映像、2018年港区浜松町ポンテせとうみ小豆島景観映像、2019さぬき映画祭2020ショートムービーMV「ユメミルサクラ」、2020NHK World「Cool Japan Award」映像、WEB「Cool Japan Journal」全国53ヶ所映像制作、2019年11月、株式会社地域活性化大学 代表取締役社長に就任。
副事務局長
Minto Brown
東京都世田谷区北沢のバスタブで母の自然分娩で生まれる。母はマクロビ料理研究の第一人者のナカジマデコで父は江戸時代末期に黒船浦賀来航時のペリーとともに日本にやってきた写真家・エフェリット・ブラウンの末裔の父・写真家のEVERETT KENNEDY BROWN。両親が経営する千葉県の農園で幼少期を過ごすが12歳から日本の文化としつけのためと一年間、小田原の寺子屋で毎日読経と共同の寺生活を経験。13歳で父方の親戚を頼りアメリカ留学。UNCSA卒業。2019年帰国後、母の経営する千葉県いすみ市の一万坪の農園・ブラウンズフィールドを一年ほど手伝った後、父の紹介でクールジャパン協議会に参加。現在、プロデユース事業会社(株)ザ・ジャパンプロジェクト代表取締役社長、アドバイザリー&投資会社(株)GXPartners 代表取締役社長。
副事務局長
東條 勝弘
1975年10月11日鳥取県生まれ。
美術系専門学校卒業後、広告デザイン会社勤務を経て、28歳で独立。ナウイデザイン会社を設立、代表取締役就任。2014年より(一社)山陰コンテンツビジネスパーク協議会理事を3年間担当 。2017年大山ブランド会事務局で活動。2019年2月、プロデユース事業会社㈱ザ・ジャパンプロジェクト取締役に就任。